駄文書きの屋根裏部屋

ネット駄文書きの備忘録です。ネット小説や出版作品について、あれこれと語ります。

自作を酷評する〜処女作『水の女』

前回は、小説執筆の動機を書いた。今回は、自作を酷評するというかたちで、個別作について振り返ってみたい。まずは、処女作『水の女』である。

作品紹介

小説家になろうで初めて書いたこの作品は、ミステリになっている。主人公、霧矢十六夢が、異世界の女検史官トト・イブミナーブルにつれられ、水の都ベネディクスをさまよう物語だ。異世界ミステリであり、筆者がめざしている超常ミステリの実験作でもある。《本のなか》という二重構造をとったのは、『雨月物語』に範をとって、翻案を重視したからにほかならない。下敷きになっているのは、安部公房砂の女』。タイトルが『水の女』となっているのは、このため。

自評

登場人物の錯綜

まず目につくのは、登場人物の多さだ。多過ぎる。探偵役だけで7人というのは、やり過ぎである。ちょい役の者もいて、実際には7人も必要なかったことの証左であろう。なぜこのような失敗を犯したのか。おそらくは、プロットの不在に起因する。当初被害者役であった者が犯人になるなど、物語の進行が二転三転している。このときプロットを書くという習慣がなかったのは、本作においてはマイナスになっている。

劇中劇

次に目につくのは、「主人公が本のなかにいる」という設定を活かし切れていないことだ。現実世界の話でもよかったはずである。すくなくとも、異世界単発でもよかったはずである。また、現実には存在しない著作『風に凪ぐ人魚の恋』を用いたことも、あらすじを複雑にしている。劇中劇はミステリを面白くするか、という根本的な問題が厳然とそびえたっている。近著の『電嵐城殺人事件』は、この反省を踏まえて執筆した。しかし、うまくいっているとは言いがたい。

思想性の問題

拙作は、「論に代えて物語で」思想を表現するものである。本作『水の女』にも、いくつかの思想が盛り込まれている。そして、この「いくつかの」という複数性に、最大の問題がある。焦点がぼやけているのだ。一方では、ひとは故郷を捨てられるか、というテーマが扱われている。他方では、新自由主義経済と富の寡占が扱われている。両者は、並行して論じるものではない。前者が犯人によって、後者はジャコモという豪商によって代表されており、この関係も若干曖昧になっている。若干というのは、部分的には成功しているように見えるからである。しかし、部分的な成功が全体のイメージをぼやけさせている可能性も否めない。

まとめ

以上をまとめると、問題の多さ故に、まさに処女作と言えるような作品であった。これらの問題点を解決していくことが、これからの修練の課題になっていくと思う。

 

私の執筆動機〜『雨月物語』について

私が小説を書き始めたのは、さまざまな要因からだ。そのなかでひとつあげろと言われたら、現状では『雨月物語』を引き合いに出さざるをえない。江戸時代の国学者上田秋成が書いた怪談集である。公刊は1776年であるから、元禄文化と化政文化の過渡期にあたる。だが、私の関心は文学史にあるわけではない。問題は、上田秋成の方法論なのだ。

上田秋成の方法論

異論は噴出すると思うが、上田秋成の方法論とは、私に言わせれば「思想を論ではなく物語で表す」ことにほかならない。虚構によって体現された思想なのである。このことは、『雨月物語』の随所から明らかにすることができる。例えば、「仏法僧」は歌論であるし、「青頭巾」は国学における〈直き心〉批判にみえる。全体が怪異小説になっているのは、当時の儒者に対する反発とも考えられるだろう。儒者は、超常現象を認めなかったからである。これらのことは、論を通じても表現できたはずである。現に、上田秋成は、日の神論争において、本居宣長と舌戦をおこなった。それと同じように、歌論を書いたり、国学書を書いたりすることも、できたであろう。それをしなかったところに、私は着目したい。論ではなく物語なのだ。

上田秋成は、なぜ論ではなく物語をもちいたのか。これは分からない。すくなくとも、証明することはできない。だが、私は直感的に、あるいは共感的に、論証に対する不満があったのではないかと思う。私も仕事柄、論を書く立場にある。そのとき、なにかが物足りないと感じる。その物足りなさを補おうとする試みのひとつが、論を捨て、物語をとるということではなかったのか。上田秋成には『大胆小心録』というエッセイのようなものもあるが、彼の思想を生々しくあらわしているのは、『雨月物語』のほうである。

説明不能なものを示す手段としての小説

もちろん、このような選択は、ひとつの批判を逃れえない。小林秀雄が述べているように、論を捨てた者は学者ではないのである。文人だ。したがって、私も論を捨てているときは、(末席の末席の)文人ということになる。学者は、論で勝負しなければならない。これは事実であろう。しかし、ここでひとつの問題提起をしてみたい。そもそも、すべての学問において、論が成り立つのであろうか。例えば、倫理の領域において、論は固有の意味を持つのか。これに回答するのは、むずかしい。哲学上の大問題でもある。G.E.ムーアの〈善〉議論ひとつをとっても、そうなのだ。もし〈善〉というものが、ムーアのいうように〈直観〉によってのみ把握されるならば、倫理に関しては論が成立しえない。ただ、直観だけが可能である。そのときに必要なのは、論ではなく現象(あるいは表象?)ということになるだろう。〈善〉は説明しえないのかもしれない。単に示しえるものかもしれない。

仮にそうであるとすれば、いくつかの領域においては、物語が固有の認識手段として座をしめることができる。やや言い過ぎかもしれないが、上田秋成は、なんとなくこのことに気づいていたのではないだろうか。

結び

我田引水すると、私が小説を書き始めたのは、このことに上田秋成が気づかせてくれたからだ。論ではなく物語を。これが私の執筆した小説の根本にある。そうである以上、私は『雨月物語』を、執筆動機の第一に位置づけざるをえない。より根源的なものは、たしかにあるにせよ、である。

ブログ開設のご挨拶

ネットで小説の執筆を始めてから3年。先日、マイナビ出版様から、『大江戸棋客伝〜将棋に生きた女たち』を電子書籍化していただく機会をえた。

 

www.amazon.co.jp

 

そのころから、セルフプロモーションにすこし悩んでいた。ネットという電子の海から、自分の作品をアピールするのは、非常にむずかしくなっている。そんなおり、電書ちゃんねるで、早い段階からサイトを育てておかないといけない、という旨のツイートをみた。なるほど、と思うと同時に、すこし抵抗感もあった。私は、自己アピールがほんとうに下手である。趣味だけでなく、仕事でも下手だと思う。しかし、下手だ下手だと言って逃げるわけにもいかないので、はてなブログを開設してみようと考えた次第である。

と、前置きしてみたものの、このブログは、ほとんど筆者の備忘録というかたちになると思う。本来ならば作品の宣伝に使うほうがよいのだろうが、ここだけはゆずれないという気持ちがあった。作品というのは、中身を読んでもらい、そこから評価が始まる。古いものの見方だ、というのは分かっているが、売ることそれ自体がゴールではない。そこは信念としてある。喩えて言えば、料理を食べてもらうことではなく、食べて「おいしい」と言ってもらうことが目標である。おいしいと言ってもらうには、食べてもらうことが必要ではないか、という反論は、すぐに思い浮かぶ。だが、私は双方を両立させられるほど器用ではない、と白状せざるをえない。

以上、長くなってしまったが、そういうブログとして、すこしでも多くのひとの目に触れられれば、さいわいである。よろしくお願いいたします。